話題の車買取、そしてリサイクル料の感想、所感

自分のクルマのを売る際の進め方というと買取、そして下取の両方が一般的です。下取りの場合は新しい中古車を買う時一緒に今までの自家用車を買取してもらうというものです。だいたいは新車販売店が買取りをするため買い取り額はどっちかというと低価格に見られるケースが多いです。

一方、買取の場合にはユースドカー買取専業店がしているもので、中古の車という名目で販売することを前提として引受け価格を決めるので、どちらかといえば高値の買取が望めるでしょう。何れにしろ自動車を売却することであり、売却する前に買取り金額を決定するための査定がおこなわれることとなります。

鑑定を依頼するとして気になるのが「リサイクル料」です。くるま査定で提示される値段というのはその車本体の金額、クルマに附随する自賠責保険やリサイクル料等いれたプライスの二つの種類が御座います。リサイクル料に関してはくるまを手に入れた時、もしくはリサイクル料が未納のケースでは車検を通した時に支払いとなりますので、将来、中古車を廃車として処分するさいに必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルするときの費用という名目で使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体処分するケースでJARSから支払されるということとなります。

費用は、軽自動車なら約8千円、国産車だと10000円程、輸入車等であれば15000円位、それとは別に2万円ぐらいを納める必要性があったりします。たいていのマイカー引き受けであれば、そうしたリサイクルの代金をユーズドカーの買取プライスとは別ということで買取られる事となるんですが、リサイクル料金を入れて評定価格であるという場合もあり、引受を希望という際には先に確認しておくのが大切です。