改めて車売却とオークションについて思うこと

古い車を買い取って貰う方法は、ちょっと前まではディーラーが行う引き取りと、中古車ショップへの引き渡しがポピュラーでした。次の車を購入予定の自動車販売会社に下取ってもらい、新しい車を購入するという方がちょっと前までは多かったようですが、今となってはそのやり方を選ぶという人はあまりいらっしゃらないようです。下取ですと、最も低価格になりがちなことが皆さんに知られてしまったことと、Auctionに参入するというやり方が浸透し始めたからです。

古い車のみの「Auction」が催されていて、中古自動車専門店や販売店もそこで売買をしている訳です。一般の人は加わることが不可能ですが、代行業者を使用することにより、普通の人も所有車をAuctionで譲渡が可能となっております。で、もう片方の方法である古い車専門店に対する譲渡に関しては、第一に自分の車を見積してもらい、申し分ない売却額を示されたなら商談の成立という流れです。

ユースドカーの専門ショップは、そうしてゲットしたくるまを自分たちでメンテナンスして店頭で販売したり、競売に出したりなどします。どのような方法を選ぶかは人それぞれですが、何を望んでいるのかによりベストな選択は異なってきます。とにかくチョットでも高い価格で売りたい、という話であるのなら、オークション代行専門業者に要請するのが最も高額で買い取って貰える可能性が高いです。しかし心配なく売却したい、信頼の置ける業者に引き渡して、キレイに乗りこなしてくれる方に売ってほしいというのであれば、新車販売店やユーズドカー販売店のほうが安心かと思います。

代行業者に依頼した場合、売れるまでメンテナンス料を経費として考えなくてはなりませんので、買い取って貰うまでに時間を要するとその分高くなってしまうリスクをはらんでいます。中古自動車販売店なら次のユーザーが現れる前にお金を手に入れることが可能であるというアドバンテージがあります。