改めて中古車の「査定」に関して

中古車の売買の時は、最初にその車の見積もりをおこないます。車種と何年式かによって、基準となる標準時の値段の目安をつかんでおきます。これと比較し更に実態が悪いのであれば、評価額を少なくするなどの手順で処理されていくこととなります。

通常時の価格に関しては買取店の方で基礎的なデータを保有しています。これについては業者間だけで確認されるもので、その価格は車種といつのものかということから記載されているものです。ではありますが、このプライスはあくまで基準の数値であり、それ以上の意味はありません。その上、その値段よりもより高く買い取って貰えたり、またはもっと安く買い受けされたりすることすら当然のようにあり得ます。

お店の立場としては出来る限り安い金額で引受けしたいので、業者にもよりますが基礎的な買い取りの値段を出したうえで、さらに安値の方へと話題を変えようとしてきます。こちらの気持ちとしては少しでも高い金額で売渡したいので、ここでの交渉ではイッキに攻めていくのがいいと思います。または、買取について値段が折り合わなかった際はいったん保留し、話を棚上げ状態としておきます。その上で別のお店とやり取り進行させるのです。

そこで仮に値段がもっと高くなって納得できたなら、最初のお店とのネゴシエーションはおじゃんになっても問題ないはずです。即ち、売りたい方が気に入るように話を進めていけばイイって訳です。絶対にやめてほしいのは、焦って売却額を決断してしまって、あとあと後悔してしまうことです。値段についてはなんといっても強気でいった方が後で悔やまないでしょう。