使用済みの車を売り払う際の手続きにかかわる事を、こちらのページでじっくり見ていきましょう

マイカーを売り渡す時の仕方としては買い取り、そして下取りというのがありますよね。下取のケースというのは新しい所有車をゲットする代わりにこれまで乗っていた中古車を買い取りして頂くというものです。ほとんど新車の販売会社が引取りをするため買い取り金額はどちらかといえば低価格になりがちです。

一方で買い取りの方はユーズドカー買い取り専業店が行っているもので、u-carとして売ることを前提に買取値段を決定するので、結構高値での引き取りが期待できるでしょう。どっちにしても使用ずみの車を売却することであり、売却する前に引き受け価格を決めるための格付けがおこなわれます。

品さだめをお願いする場合に気になるのがリサイクル料です。使用していた車の品さだめで提示される値段としては所有車本体のお値段、ユーズドカーに附随するリサイクル料とか自賠責保険等入れたプライスの2つの種類がございます。リサイクル料に関してはその使った車を購入した時、もしくは「リサイクル料」が払われてなかったときには車検を通した場合に支払われるもので、後に使った車を廃車として解体処分する際に必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする為の代金として使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、処分する場合にJARSから支払われることとなります。

その際の費用は大体、軽自動車であれば8000円程、普通車だと1万円ほど、輸入車の場合15000円程、そのほかで2万円ぐらいを入れる必要性が御座います。大概の古い自動車買い受けでは、そういった「リサイクル料」を古い自動車の買受け価格とは別ということで引取られる事になりますが、リサイクル料金を含んで引き取りプライスだという場合も有り、買取りを依頼する時は先に確認しておくということが求められます。