使用した自動車を売却するときのやり方に関わることを、当ページでちゃんと確認していきましょう

使った車を売り渡す際の段取りとしては下取、そして買取の両方が有りますね。下取りの場合というのは次の自動車を入手する時、これまでのクルマを買い取りしていただくというものです。殆どは販売会社が引取りを行ないますので値段としてはどっちかというと低めになりやすいです。

逆に買取の場合には自動車買取り専門の業者がおこなっているもので、ユーズドカーとして店頭に陳列することを予定して買取りの金額を決めるので、どちらかというと高プライスでの買取が望めるでしょう。どっちにしても中古の車を引き上げてもらうことであり、売却をする前に買い受け額を決定するための見立てがされるわけです。

品さだめをして頂く際に気になるのがリサイクル料です。使用ずみの車の見たてで出されるプライスというのは自動車そのものの額、マイカーに附随する自賠責保険とかリサイクル料等を加えた額の2つの種類が存在します。「リサイクル料」は使用ずみの車を手に入れた時、又はリサイクル料が未納のケースでは車検の時に支払われるもので、将来、使用した車を廃車として壊してしまうさいに必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等をリサイクルするための代金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、壊してしまうケースで自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

料金は大体、軽なら8000円程、国産車の場合で10000円位、外国の車などで1.5万円ほど、それ以外で2万円くらいを納める必要性が有ります。大抵のu-car買上では、これらのリサイクル料を中古の車の買受けプライスとは別ということで引き取りされるというような事となるのですが、リサイクルの料金を含んで買取りプライスとなってる場合もあり、買取をお願いする場合には確認しておくということが肝心です。