中古の車を売り払う際の方法の関連で、ここでしっかりチェックしておきましょう

使用済みの車を売りはらう場合の手立てとしては買取、そして下取が存在しますね。下取りのケースはおニューの自家用車をゲットする際一緒にこれ迄乗っていたユーズドカーを引き上げていただくというものです。主に新車の販売会社が引受けをするため金額としてはどちらかといえば低価格になることが多いです。

他方、買い取りの場合にはユースドカー買い取り専門ショップがおこなっており、ユーズドカーとして売却することを前提に引き上げの金額を決めるため、どちらかといえば高額の買上が期待できるでしょう。いずれにしろ使用済みの自動車を引き受けてもらうことであり、売却する前に引き受け額を決めるための審査がされるわけです。

審査をお願いする時気になるのがリサイクル料となります。u-car値踏みで出される金額というのは自家用車そのものの額、マイカーに附随するリサイクル料や自賠責保険等含めた金額の二種類が存在します。リサイクル料は使用していた車を買った際、若しくはリサイクル料が払われてなかった場合ですと車検を受けた時支払いになりますので、この先中古の自動車を廃車として解体する際に必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどをリサイクルするときの料金として使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体する際に自動車リサイクルシステムから支払されるということになります。

費用はだいたい、軽自動車なら8千円くらい、国産車だと1万円程、外国の車等だと1.5万円ほど、それとは別に2万円程度を入れる必要があったりもします。大半のu-car買受では、こういったリサイクル料を中古自動車の買取額とは別ということで引受される事となるんですが、リサイクルの代金を含んで買い取り額としているケースもあり、引受を希望するケースでは前もってチェックしておくのが大事なこととなります。