どういうこと?ローンが残っている車の売却のこと

愛車の買い取りのお店に評定をして頂いたものの、ローンが完済できていないケースもあり得ます。こうした時は、売却予定の車の所有がご本人なのか別の人なのかをまず確認しておくことが求められます。

実際のところ、持ち主についてはどの部分を確認したら良いのかというと、「車検証」に載っているお名前の方がくるまの所有者という訳です。

自動車を買ったタイミングで銀行等が提供するローン支払いを設定された場合だと、こちらの車検証に記載されている名前がご自分のお名前となっている訳ですが、ローン支払いを組まれたのがクレジット系の会社であるケースではお名前がその信販会社の記載となっています。クレジット会社で割賦契約を組む場合なぜこのような形で信販会社を所有権者として記載するのかというと、その理由は月の払いが滞納された場合に、すぐにクルマを差し押さえして確保することを考えている為です。

そうした理由から持ち主名義がローン会社となっている場合はそちらのくるまを勝手に売り払う事は出来ないのです。どうあっても手放したいなら支払いを残らず終わりにするかローンの組み替えをすることで所有権をご自分に変更した後で売り払う必要があります。ですが、現実にこのようなことができるのは今手持ちのお金がとても多い時という事になってしまいます。では資産が足りないケースではどうしたら望ましいでしょう。

こんなケースでは評定をやって頂いたお車買取専業店にご相談頂けますと、マイカーの売値から残った返済分を賄い、所有者をご本人の名前に直して頂くことが出来ます。手続きも全てを買取店に任せることが可能なので問題ありません。