どういうこと?「車査定と修復歴」のこと

古くなったユースドカー売渡をお願いしたときには、一番最初に鑑定を受ける事となります。その際の審査については買取ショップの査定士おこない、くるまマーケットの値段などから計算されることになります。

一般的に中古のくるまとして売りに出されている金額の2~3割程が買取り価格となっているようですが、定評のある車だったり、稀少車種などの時には高い買取額がでるケースもあります。また、製造年は新しいほど高い査定となります。ただし、こうした買取り価格はそのお車が完全な状態のケースであり、完全じゃないときは低い査定となります。なかでも特に事故歴は査定額に大きく関係してきます。

修理の跡とは言っても定義が微妙ですが、基本的に車の基礎であるフレームの部分にまで駄目になっているような事故を起こしたくるまは事故車として扱われます。そういった修復歴のある車はそのうちなにかしらの悪い影響が出る危険性がありますので、見積価格についてはダメなものとなります。とはいえ、フレームの方には影響がなく、外装を修繕したぐらいなら無問題ですが、しかし修復歴が付いてしまいます。

もちろん修復歴は付く訳なのでマイナスの影響はあるのですが、事故車に比べ低い見積となることはないです。そのほか、エンジンなどに問題が出ているときもマイナスに見られますし、日頃のメンテナンスの良し悪しが買取プライスに関わってきます。

そのへんは傍目には分からない部分ですが、査定をしている買取専業店はしっかりとそのあたりも確認してくるでしょう。

どちらの場合でも修理歴が無いことが古いクルマの見積もりを上昇できるかどうかの条件となってきます。