ついでに中古車査定と必要書類のこと

自動車を売る際の方法は買取りや下取りといった種類が在ります。下取に関しては、次の自分のクルマを入手したタイミングで、古いクルマを買取りしていただくというものです。その中古車が乗車が可能な状況だったら値段がつくのですが、古いくるまであった際には逆に処分のコストを求められるケースがあります。

下取してもらう場合は専門店が引受けするという訳じゃないですから、希望金額での譲渡は難しいでしょうけど、新しい愛車と取り替えるような形で乗り換えすることが可能といった良い面があります。一方買取りは、それ専門の中古車買取専業店に頼んで買取してもらうものです。やり取りが難しいといった短所もあるのですが、引受けされたお車はユーズドカーとして流通するのがもともと決まっておりますので、割かし希望金額での売却が期待できるでしょう。

下取、買取どちらでも売り払う場合にはさまざまな書類をまず準備しておくことが求められます。必要書類としては車検証と自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券があります。また実印や印鑑証明、住民票なども必要です。

引取りの時は委任状と譲渡証明なども必要書類になりますが、これらは買取り業者で用意してくれると思います。売却をお願いする方としては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印、住民票あとは印鑑証明が用意すべきものになります。値踏みしてもらう時もそれらに関しては確認されるので、無くしたケースでは再発行することが必要となります。

万が一無くしたケースでも鑑定そのものは受けることが可能ですが、即日手続きはおこなえないので査定価格に悪影響が出てしまうでしょう。