これは・・・車買取事故歴と修復歴ってどうでしょう

古い愛車引受けを依頼した時は、まず値踏みを受ける事になります。査定は買い取りの専業店の人が行うわけですが、オークション市場の価格等から算定されることとなります。

大体、古いくるまということで売りに出されている値段の2~3割程が売却価格となっていますが、人気のあるくるまであったり、珍しい車種である場合には高い見積金額が付くといった場合もあるでしょう。他にも、年式が新しければ新しいほど高額となります。他方、こういった買取金額はそのくるまがパーフェクトな状態の場合であって、そうじゃないときだと低く査定されます。特に修復の跡は見積もりにとても響きます。

修復の跡というのも定義は微妙なところですが、基本的には自動車の本体であるフレームにまで影響しているような事故を経験した車は事故車という事になります。そのような修復歴のある車は将来的になんらかのマイナスの影響が出てくるかもしれないという危なさがありますので、買取額については悪材料となるのです。他方、フレームの部分まで影響が無く、ボディを修理した程度であれば大丈夫なのですが、ですが修理歴としてはつくことになります。

もちろん修復歴が付くわけなのでマイナスの害はある訳ですが、事故車に比べて低く値踏みされることはございません。他にも、エンジンや変速機などにトラブルが出ている場合にもマイナスという事で見られますし、いつもの維持管理の状況が査定に関係してきます。

この辺りは私たちには分からない部分ですが、値踏みをする買取専門ショップではキッチリその辺りも確認してきます。

どちらにしても修復歴が無いという事がお車買取の値段が上げられるかどうかのポイントとなってきます。