これは・・・車を売る時のローンの残りのことを考えてみた

お車買取ショップに見積もり査定を依頼したはいいけど、ローンが払いきっていない事もあるかもしれません。そうしたケースでは、売却希望の愛車の所有がご本人であるのか別な人であるかについて第一に見ておくことが必要となります。

実際のところ、所有者が誰かについてどれを確認したらいいのかと言えば、「車検証」に載っている氏名の方が自動車の持ち主という事であります。

くるまを購入したときに銀行等が提供する分割払いを設定された時には、この「自動車検査証」に記載のある氏名が自分自身のお名前になっているのですが、ローン支払いを組んだのが信販会社などのケースでは名前がクレジット会社の記載となっています。信販会社でローンを組む場合にどうしてこんな風にクレジット会社を所有者として記載するのかというと、回答としては月の払いが滞納したりしたら、速攻でマイカーを差し押さえして確保できるようにするためです。

こうしたわけで所有者名義がローン会社となっている場合はそちらのくるまを自分の都合で売却はできないのです。それでも売り払いたいならまずは返済を全部返済するか支払いローンの設定し直しをすることで持ち主をご自分に変えた後で売り払うことが必要です。そうはいっても実際問題こんな事が出来るのは今手持ちの資産がいっぱいある時になってしまいます。だとしたら資金が無いケースではどういったやり方がいいのでしょうか。

そうした際は買取査定を行ってもらった中古車買取店にご相談いただけると、愛車の売却額から残りの支払い分をまかない、所有者のところを貴方自身の姓名に変更して貰うことが可能です。手続きについても完全に買取り業者にオマカセ可能なので問題ないです。