これは・・・買取や下取り リサイクル料のいろいろ

自分のクルマのを処分する時のやり方としては下取と買取のどちらかが存在します。下取のケースは新しい自家用車を買うと同時に今迄のクルマを買い受けして頂くというものです。たいがいはは新車の取扱店が引受けをすることになるため価格はどちらかといえば低くなるケースが多いです。

一方、買取の方は中古車買い取り専門店が行っているもので、中古車として売る事を予定に引受け値段を決定するので、どっちかというと高プライスの買い取りが望めます。何れにしろ自家用車を引き受けてもらうことであり、、売却する前に引き受けプライスを決定するための鑑定が行われることとなります。

査定をおこなうとして気になるのはリサイクル料です。自家用車見積もりで出してもらうプライスというのはその愛車本体の額、ユーズドカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料など含めたプライスの二種類が存在します。「リサイクル料」はお車を買った際、または「リサイクル料」が未払いだったケースでは車検のケースで支払いとなりますので、将来的に中古車を廃車として解体処分するさいに必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルする為の料金ということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまう時にJARSから払われるということになります。

コストはだいたい、軽自動車なら8千円くらい、国産自動車で10000円くらい、外国の車とかで約1万5千円、それとは別に2万円ぐらいを入金する必要があったりします。だいたいの中古車引受けでは、これらの「リサイクル料」をお車の引き受け価格とは別で買い取りされるというようなことになるわけですが、リサイクル料を入れて買取り値段としている場合もあり、買い取りを望んでいる時に確認しておくのが大事なこととなります。