これは・・・中古車売却と残債の感想、所感

自動車の買取り業者に審査を依頼したものの、残債を完済していないという事もあるでしょう。そうしたケースでは、売りたい愛車の権利がアナタ自身なのか別の人なのかどうかについてともあれチェックすることが求められます。

ホントのところ、持ち主に関して何を確認したら分かるのかと言えば、「自動車検査証」に書かれている名前がマイカーの所有者となるのです。

マイカーを購入するときに銀行系の自動車ローンを組んだ時には、この「車検証」に記載のある名前が自分の氏名になっている訳ですが、自動車ローンを組んだのがクレジット会社だった時には名前がその会社の名前になっているのです。信販系で分割払いを組む場合どうしてこのように信販系の会社を所有者として登録しているのかと言いますと、その理由としては返済が滞った場合、すぐに車を担保として確保するためです。

そういった訳で所有権がクレジット会社となっている際はそちらのマイカーを好き勝手に売り払う事はできません。とにかく売りたいなら支払いを完全に終わりにするかローンの組み替えをすることで所有権をご自分に変更してから手放すことが必要です。しかし、実際問題こういったことができるのは今持っている資金がとても多い時という事に限られます。だったら現金があまりない方はどのようにするのが望ましいでしょう。

そんな場合は、見積もり査定をしてくれたクルマ買い取り専門店に事情を話すと、クルマの売値から残りの支払い分を支払し、所有者の欄をあなたの氏名に変えて頂くことができるという訳です。手続きについても全てにおいて買取ショップに任せられるので安心です。