これこそ車査定事故歴などについて

くるま引取りを依頼したときには、まず最初に鑑定を受けることとなります。見積もりの方は買取専業店の人が行う訳ですが、くるま市場の相場などから計算されることになります。

普通はユースドカーということで売りに出されているプライスの20~30%位が売値とされているようですが、定評のあるクルマであったり、珍しいクルマであったりするケースでは高値が出るといった時もあるようです。また、年式は新しければ新しいほど高く売れます。ただ、そうした買取の値段はお車が完全な状態の場合であり、そうじゃない時は査定は厳しくなります。その中でも事故車等は買取金額にとても関係してきます。

修復の跡といっても定義が微妙ですが、とりあえずくるまの基礎であるフレームにまでダメになるようなアクシデントを起こしたクルマは事故車という事になります。こうした修復歴のある車はあとからなんらかの被害が出てしまう危険がありますので、見積価格に於いては短所になってしまいます。とはいえ、フレームの方には影響が及ばず、外見を直した程度であれば問題ないのですが、事故歴としては付くことになります。

勿論、修理歴がついてしまう訳なので負の害はある訳ですが、事故車より低い見積となることはありません。ほかにも、エンジンやギアなどにアクシデントが起きているケースもマイナスに査定されますし、いつもの点検整備の状況がプライスに関係してきます。

その辺は私たちには分からない部分ですが、鑑定を行う買取専業店はちゃんと状態を見てくるでしょう。

どちらの場合でも修復歴としては無いという事が自動車見積金額が上昇させることができるか否かの分かれ目となってきます。