これこそ車のリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

お車を売るときの手順といえば買い取りと下取りというのがあります。下取りのケースはおニューの車をゲットする際一緒に今迄の愛車を買取していただくというものです。主には新車ディーラーが買取を行うため値段はやや低目に見られがちです。

一方で買い取りの方はユーズドカー買取り専門の業者がやっているもので、ユーズドカーとして店頭に陳列することを前提として引取り額を決めるため、わりと高額な引き取りが期待できます。いずれにしろ愛車を引き受けてもらうことであり、、売却する前に引受プライスを決定するための見積もりがおこなわれます。

審査をおこなう場合に気になるのは「リサイクル料」です。中古車見積もりで出してもらう値段としてはその車それ自体の額、自分のクルマのについてくるリサイクル料とか自賠責保険などをいれたプライスの二種類があります。リサイクル料はお車を購入したさい、またはリサイクル料が払われてなかったときには車検を受けた場合に支払いとなりますので、後に自分のくるまのを廃車として処分する場合必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルするさいの代金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体するさいにJARSから支払されるということになります。

費用は、軽自動車だと8000円ほど、国産車の場合は1万円くらい、外車とかで15000円ほど、そのほかで2万円くらいを入金する必要性が御座います。たいていの自動車引受の場合、こういったリサイクル料をマイカーの引受プライスとは別ということで引受けされる事になるんですが、リサイクルの料金を入れて見積もり金額であるという場合も有り、引き取りを依頼する場合はあらかじめチェックしておくのが大事です。