これが車売却と必要書類のことを考えてみた

自動車を売却する時のやり方としては買取りや下取り等のやり方が用意されています。下取に関しては、新しい自分の車を入手した時には、それまで愛車を引受けしていただけるものです。その時点で走ることが出来る車であれば価格がつきますが、あまりにも古いくるまであった時には反対に廃車にするためのコストを請求されるケースもあり得ます。

下取は専門のお店が引受けするわけじゃないので、望むような価格での放出は無理だと思いますが、次の愛車と取り替えるような形で乗り換えを可能といった長所があります。その一方買い取りはというと、専門でおこなっている中古自動車買い取りの専門店に依頼して買取をしていただくものです。そのタイミングがややこしいなどの良くない点もあるのですが、引き受けられたくるまは中古車となって出回るのがもとから前提ですので、想像よりも望んだ金額での売却が期待できるでしょう。

買取、下取のどちらであっても譲渡の時はいろいろな書類を準備することが求められます。その必要書類としては、車検証の原本や自動車税の納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。他にも印鑑証明書や実印、住民票なども必要です。

買い取りの場合は委任状や譲渡証明書等も必要書類になりますが、それらについては買取専門ショップにて準備してくれるでしょう。売却を望んでいるこちら側としては、自動車検査証、納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、実印、住民票更に印鑑証明を用意しておきましょう。査定時にもそれらがチェックが入るので、紛失のさいはもう一度発行してもらう事となります。

万一無くした場合でも値踏み自体はして頂くことは出来ますが、その場で即引受けは出来ないため査定額に良くない影響が出てしまうでしょう。