これが買取や下取リサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

クルマを売るときのやり方といえば下取りと買取りのどちらかが一般的です。下取のケースというのはおニューのクルマを購入すると同時に今までの愛車を買取していただくというものです。主に新車販売店が買い取りをおこなうので値段としてはどっちかといえば低く見られがちです。

一方、買い取りのケースはユースドカー買取専業店が行っているもので、中古車として売却することを前提に引取り価格を決めるので、わりと高値の引受けが望めます。どっちにしてもユースドカーを売る事であり、売る前に引取り価格を決めるための査定がおこなわれることとなります。

審査をしてもらう時気に掛かるのが「リサイクル料」です。自分のクルマの査定で示される値段としてはその車本体の価格、自分のくるまのに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等入れた金額の二種類が存在します。「リサイクル料」はマイカーを手に入れた場合、若しくはリサイクル料が未払いのケースでは車検を受けた時支払いとなるもので、のちにユースドカーを廃車にして処分する時に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等リサイクルするときのコストということで使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体処分する際に自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

料金は大体、軽自動車だと8千円程、国産車の場合で1万円程、輸入車とかで15000円ほど、そのほかで20000円程を入れる必要性がございます。大概のユーズドカー買取りであれば、そうしたリサイクル料を自分のクルマのの引き受け額とは他として引き取られるという事になるんですが、リサイクルの代金を含めて買い取りプライスとしているケースも有り、引受けを希望という際にはまずは確認しておくということが大切です。