きましたね買取や下取り「リサイクル料」だそうな

ユーズドカーを売るさいのやり方というと買取、そして下取の両方があります。下取りのケースというのは次の愛車を買う際一緒に古い愛車を引き取ってもらうというものです。たいていは販売店が買取りをすることになるため買い取りプライスはどっちかといえば低く見られがちです。

他方、買取りのほうは中古車買取専門店がおこなっているもので、ユーズドカーとして店頭に出すことを前提に買い取りの価格を決定するので、どっちかというと高目の引受が望めます。何れにしろ自分のクルマのを売る事であり、引き取ってもらう前に引受金額を決定するための査定が行われることとなります。

値踏みをしていただく場合に気に掛かるのがリサイクル料です。車見積もりで出される金額としてはその車本体のプライス、所有車についてくる自賠責保険やリサイクル料などを含めた値段の2つの種類があります。リサイクル料についてはクルマを買った場合、または「リサイクル料」が未納のときには車検のさいに支払いとなるもので、将来、愛車を廃車にして処分するケースで必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等々リサイクルするための代金という名目で使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、壊してしまう時JARSから支払われるということになります。

料金は大体、軽自動車であれば8千円位、国産車だと1万円くらい、輸入車とかで約1万5千円、それ以外で20000円ほどを入れる必要があったりもします。大体のくるま引受であれば、こうしたリサイクル料金を車の引取りプライスとは他のものとして引き受けされるというような事になるんですが、リサイクル料を入れて買取額となっている場合も有り、引取りを望んでいる場合にはまえもってチェックしておくのが大切な事となります。