きましたね「日本自動車査定協会の役割」ってどうでしょう

クルマの下取りや買取の際には、まずは査定を行います。査定とは、消費者から買い取りや下取りする時に正当な評価をするための下調べであり、その為にはたくさんの人から認識され、その上受け入れられた段取りでなければ良くないのです。ただし、ユーザー側からすると、査定がどうやって実施されているのかちゃんとは確認できてなかったり、適正な仕方でやられているかは結構分かっておくことが難しいものです。しかしながら値踏みというのは愛車のバリューを決める大変決め手となる過程である為、方法や考えに色々なものがあると世間のパニックの一因にもなってしまうわけです。

そういったパニックを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関があり、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、厳正な審査が行き渡るように活動している協会であり、お客さんが不安なく値踏みに提出でき、そのうえで満足できる結果となる土台作りの務めをしています。

分かりやすい活動内容としては、例を出すとキチンとした査定士を増加させるための試験を実行しており、査定協会が実施する学科と実技の研修を受けてもらい、そののち「査定士技能検定試験」に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。更に査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、まっとうな知識や義務でもって私たちのくるまの鑑定を行います。要は適正な見積のための資格を保有する人が値踏みをやりますので、私たちも安心して下取りや買取に車を出すことが可能となるわけです。