お待ちかね、中古自動車査定制度のことを考えてみた

クルマの買い取りや下取りの際には、まずは査定をしてもらう事でしょう。査定というのは、お客さんから下取・買取時に冷静な評定を下すための処置であり、そのためにはいろいろな方から容認され、さらに了解されたやり方でなければ良くありません。とはいえ、客側からすれば、見積がどんな感じでされているのかちゃんとは知らなかったり、適正な方法で作業されているのかはどうにも把握することが難しいものです。そうはいっても値踏みというのはお車のバリューを決めるとても重要なプロセスなので、考えややり方にさまざまなものがあると社会の混乱の要因ともなるのです。

そのような騒ぎを発生させない為にも日本自動車査定協会という機関があり、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、しっかりとした値踏みが浸透するように動いている団体であって、私たちが安堵して車を審査に提出でき、そして納得のいく結果になるような制度を構築する取り組みをしています。

実際の中身としては、例を挙げるとキチンとした査定士を育むための試験をおこなっており、査定協会が実施する学科さらにはスキル研修というものを受けて、そうしてから査定士技能検定試験という試験に受かることで一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。さらに査定士として活躍するのには協会への登録を済ませてからになり、きちんとした見識や決まり事をもってお客さんの所有車の品定めを行います。要するにきちんとした査定を出すための資格を保持している方が鑑定をおこないますので、我々も安心して下取または買取に車を出すことが可能となるわけです。