あのローン中の車売却のこと

愛車の買取専業店に審査を依頼したはいいけど、割賦払いを払いきれていない事もあるかもしれません。そういった時は、売却予定の車の権利があなた自身なのかそれ以外の人なのかを始めにチェックしておく事が必須です。

実際に、所有者についてどれを見たらわかるのかといいますと、「自動車検査証」に載っているお名前の方が愛車の所有権者という訳です。

マイカーを買った時点で銀行系の分割払いを設定した時には、こちらの車検証に記載のある名前がご自身のお名前となっていますが、ローンを組んだのが信販系の会社であるケースでは名前が信販会社の記載になる筈です。信販会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこういった形で信販系の会社を持ち主として記載しているかと言えば、その理由としては返済が滞ったりしたら、ただちにお車を担保として確保することを考えている為です。

そういった事情で所有名義がローン会社となっている時にはそちらの愛車を自分の好きに売却することは出来ません。どうしても売りたいなら返済をすべて支払するか割賦契約の組み換えによって所有権をあなたの名前に変更してから売り払うことが必要です。そうとはいえ実際こんな事が出来るのは現在持っているお金がたくさんある場合に限定されます。であるならば、資産が無い場合はどんな方法を取るのが望ましいでしょう。

そうした際は審査を行ってもらった自動車買い取り専門店にご相談いただけると、クルマの売値から残った支払い分を賄い、オーナーをご本人のお名前に直していただくことができるという訳です。手続きについても完全に買い取り専門店に任せられるので心配ないです。